浮気を認めない夫、義父母を巻き込んでも相手とは別れてくれません

もうしないといいつつ浮気を認めない主人、義父母を巻き込んでも浮気相手とは別れてくれませんでした

帰宅時間が明らかに遅くなり、携帯電話をお風呂場などにも持ち込み、肌身離さず持つようになったことがきっかけで疑い始めました。
通常の帰宅時間は遅くても夜10時頃でしたが、深夜0時を過ぎるのが当たり前になり、会社に泊まると言っては朝帰ってくる日も増えました。
会社に泊まるという日には、翌朝7時頃帰宅し、シャワーを浴びてすぐにまた出勤するという流れでした。
家での滞在時間はほんの30分くらいという日が、週の大半を占めるようになり、さすがにこれは仕事ではないな、浮気だなと確信しました。肌身離さず持っていた携帯電話を、隙をみて見たことで証拠を掴むことが出来ました。そこには、浮気相手とのメールのやり取りが残っていて、双方がどういう内容を送っていたのか、一目瞭然でした。
いつどこで会っているのか、何をしているのか、お互いをどう思っているのか、結婚したいというような内容まで、メールには全て残っていました。
しかし、主人はこれを決して認めようとはしませんでした。
結果として私たち夫婦は離婚しました。子供がいなかったため親権の問題もなく、慰謝料も請求しなかったので、結果としては協議離婚でした。
私が正社員として働いていたので、金銭的に余裕があったのも、離婚ができた1つの大きな理由です。
浮気発覚後から別居を経て、約1年くらいで離婚届を提出することが出来ました。
最初の浮気発覚後、夫婦での話し合いの場を持ちました。
主人は認めませんでしたが、嫌な思いをさせて悪かった、というような謝罪をし、もうしないと約束をしました。
浮気は許せませんでしたが、させた私にも非があるのかもしれないと反省し、一度目はそれで終わりました。
しかし、その後も一向に言動が良くなることはなく、浮気しているというのは明らかでした。
半年ほど経ち、2人だけの話し合いではらちが明かないと思い、両家の両親に事情を説明し、主人の両親を加えて話し合いの場を持ちました。
主人の両親はもちろん主人の肩を持ちましたが、その話し合いの場で、このまま改善されなければ離婚する旨を伝えました。
私の話に主人の両親もしぶしぶ納得し、私も予め意思を伝えることができたので、主人の両親を巻き込んでよかったと思います。

その後3か月ほど経過をみましたが、浮気を続けていたので、私が家を出ていく形で別居を始めました。
別居し始めてから2か月ほど経過した後に、離婚届を提出し、離婚が成立しました。
浮気相手のその後は分かりません。
浮気発覚後の主人はしていない、の一点張りでしたが、私が家を出てから後悔したのか、何度も何度も電話やメールで謝罪され、泣きつかれました。
別居してから、主人は私がどこに住んでいるのかも知らなかったので、ほぼ連絡を取っていません。
手続き上、話さなければならないこともあったので、何度かメールでやり取りはしましたが、最後に直接会ったのは別居する前なので、別居後や離婚成立後にどうしているのかは全く知りません。
この結末には納得しています。
離婚から学ぶこともあったし、自分の納得いくまで喧嘩したり話し合いをしたりできたので、悔いはありません。
子供をつくらなかったことも本当に救いでした。
離婚から得られた経験を次に活かして、同じ失敗を繰り返さないように、前を向いて進んでいます。

 

(年齢:30代 住んでいた地域:山口県 当時の職業:会社員  浮気相手:会社の後輩女性)